ベトナム人を招いて異文化講座が開催されました

公開日 2018年09月25日

舞い踊るカラフルなムアラン(ベトナムの獅子舞)
舞い踊るカラフルなムアラン(ベトナムの獅子舞)
民族衣装で参加する子どもたちも
民族衣装で参加する子どもたちも
伊勢原警察による交通ルールの説明
伊勢原警察による交通ルールの説明
ごみの分別についてレクチャー
ごみの分別についてレクチャー
ベトナム人学生のスピーチ
ベトナム人学生のスピーチ
大人から子どもまで約100人が参加
大人から子どもまで約100人が参加
 青少年センター体育館で9月23日、市内在住のベトナム人を招いて、異文化講座が開催されました。
 外国人居住者が安全・安心に生活できるよう、伊勢原市国際交流委員会(柏木貞俊委員長)が企画したものです。
 当日は約100人が来場し、交通ルールやごみの分別などについて学んだほか、代表者4人が日本での暮らしと、文化の違いについてスピーチしました。
 また、日本の十五夜に当たる「中秋節」を祝うために、現地の祭りでは欠かせない「ムアラン(ベトナムの獅子舞)」が披露され、大人も子どもも一緒になって、故郷の行事を楽しみました。
 参加したベトナム人留学生は「久しぶりにムアランを見ることができてよかった。日本の習慣を理解するいい機会だった」と話してくれました。
このページの
先頭へ戻る