「大山こまで世界一に挑戦!」世界記録を達成

公開日 2019年02月13日

石田1
受付と同時に多くの参加者が
(撮影:公認サポーター 小林厚美さん)
青3
ギネス公式認定員の打ち合わせ
 
成10
各会場で本番に向けた事前練習が行われました
(撮影:広報カメラマン 中村隆成さん)
桜13
最年少の参加者(?)。家族で参加する人も
(撮影:広報カメラマン 鈴木真由美さん)
青8
練習を重ね、成功率も上がりました
 
石田6
挑戦スタート。勢いよくこまが飛び出します
(撮影:広報カメラマン 福田伸さん)
23
各会場のチャレンジの様子1
20
各会場のチャレンジの様子2
22
各会場のチャレンジの様子3
 
石田4
各会場のチャレンジの様子4
(撮影:広報カメラマン 福田伸さん)
ひびた14
監視員・証人による集計
21
見事ギネス世界記録TMを達成

同時にこまを回した最多人数に挑戦する「大山こまで世界一に挑戦!」が2月9日、市内5会場で行われました。
 商工会青年部創立50周年を記念して開催されたもので、直径3.5センチの大山こまを10秒以上回した人数を競います。市内外から1179人が参加して、世界記録に挑みました。これまでの記録は北名古屋市の891人。参加者の8割が成功すれば記録更新となります。
 外は雪が舞うほどの寒さで、会場ではかじかむ手を暖めながらこまを回す参加者の姿が見られました。
 1回目のチャレンジは、残念ながら記録に1人足りない890人。緊張感が漂う中、仕切り直して行われた2回目のチャレンジで967人が成功し、世界記録の誕生に会場がわき返りました。

このページの
先頭へ戻る