第29回大山とうふまつりが開催されました

公開日 2019年03月25日

1 - コピー
「仙人鍋」で振る舞いの準備が進みます
2 - コピー
地域住民によるボランティアが大活躍
3 - コピー
400丁が用意された湯豆腐の振る舞い
4 - コピー
熱戦が繰り広げられた椀子豆腐早喰い大会
5
ラストスパート!一気にかきこみます
6 - コピー
海外からの観光客にも大好評でした

(撮影/市民広報カメラマン 中村隆成さん)
 3月16日・17日、市営大山第2駐車場をメイン会場に第29回大山とうふまつりが開催され、2日間で約5000人が来場しました。
 おまつり名物の一つ「仙人鍋」は、直径4メートルの大鍋で作る湯豆腐の振る舞いです。湯気が立ちのぼる鍋を囲み、大勢の人がアツアツの大山とうふを味わっていました。
 90秒間で食べられる量を競う「椀子豆腐早喰い大会」では、大人も子どもも口いっぱいに豆腐をほお張りながら奮闘する姿に、観客から大きな声援が送られました。

このページの
先頭へ戻る