人権啓発講演会「前に進む力」を開催しました

公開日 2019年12月06日

来月の箱根駅伝を前に貴重な時間を割いていただきました
今年の箱根駅伝の様子をスクリーンに映して説明

 

貴重な話に多くの人が興味津々
工夫を凝らしたポスターが並んでいました

12月5日、人権週間に合わせて、中央公民館で人権啓発講演会を開催しました。
 講師は今年の箱根駅伝で大会新記録を樹立し、東海大学を初の総合優勝に導いた陸上競技部・長距離駅伝監督の両角速さん。「前に進む力」をテーマに、教育を通して人間性を成長させるために重要なことについて、佐久長聖高校監督時代の経験などを踏まえ、熱く語りました。
 講演会後には、中学生人権作文・ポスターコンクールの表彰式が行われました。また、ホールの中には入賞作品が展示されており、絵と言葉の組み合わせによって人権の大切さを訴えかけるポスターの数々に多くの人が感心しながら眺めていました。 

このページの
先頭へ戻る