百人一首かるた大会を開催しました

公開日 2020年01月28日

指導する「伊勢原みちのく会」の皆さん
模擬試合はスピード感たっぷり
取札の裏に上の句が書かれた初心者用かるた
並べ方から教わって大会がスタート

 

どこにあるかな?
会場では関連書籍の紹介も
 1月25日、市立図書館で新春恒例の百人一首かるた大会を開催しました。
 小学生を中心に14人が参加し、競技かるたサークル「伊勢原みちのく会」にルールを教わりながら試合を体験しました。
 通常の競技では50枚の札を取り合いますが、今回は初心者向けに、難易度で色分けされた「五色百人一首」を使用。20枚の札を並べて参加者同士で対戦します。
 百人一首かるたに初めてふれる参加者も多く、最初は戸惑う姿も見られましたが、皆さん少しずつ歌を覚えながら熱戦を繰り広げていました。
このページの
先頭へ戻る