石田商工振興会がイルミネーションの飾り付けを行いました

公開日 2020年12月02日

愛甲石田駅 成瀬安全安心ステーション
愛甲石田駅 成瀬安全安心ステーション前
6000個のLED電球で装飾
6000個のLED電球で装飾
夜になると…
夜になるとイルミネーションが点灯
大山に当たる日光をイメージ
大山に当たる日の出がテーマです

令和2年11月28日に愛甲石田駅前南口ロータリー広場で、石田商工振興会がイルミネーションの飾りつけを行いました。
 新型コロナウイルス感染症の影響によりイベント中止が続く中、地域の人を元気づけ、道行く人が笑顔になれるようにと初めて企画し、約6000個のLED電球(600メートル分)を円柱状に組んだ鉄骨や5本の木などに装飾。レイアウトや電飾の選定、足場組みなどの作業は同会会員たちがそれぞれの得意分野を活かして行い、紫のライトは市の花であるキキョウを、中央の円錐形は市のシンボルである大山をイメージし、ピンクのライトを日光になぞらえて「大山に当たる初日の出」を見事に表現しています。
 29日に行われた試験点灯では、帰路に就く人が完成したばかりのイルミネーションをスマホで撮影する姿が多く見られました。
 イルミネーションは、12月4日(金曜日)から令和3年2月14日(日曜日)までの毎日、午後4時30分から午前0時まで点灯します。

このページの
先頭へ戻る