「資料で見るなつかしのいせはら展」を12月26日まで開催~チラシ・ポスター・写真・絵図で振り返る伊勢原まちなかの姿~

公開日 2021年12月22日

資料で見るなつかしのいせはら展の様子1
中央通り付近から発掘された陶器類
生活感が伝わります
資料で見るなつかしのいせはら展の様子2
商店や企業のチラシを写真で紹介
デザインも必見です
資料で見るなつかしのいせはら展の様子3
「七福神まつり」は道灌まつりの前身
資料で見るなつかしのいせはら展の様子4
酒屋の「かよい徳利」や帳面など
資料で見るなつかしのいせはら展の様子5
「これはいつごろの物かしら」
資料で見るなつかしのいせはら展の様子6
皆さんからの情報をお待ちしています

令和3年12月18日(土曜日)から、中央公民館1階展示ホールで「市制50周年記念事業 資料で見るなつかしのいせはら展」を開催しています。伊勢原の中心地として発展してきた伊勢原地区の移り変わりを、チラシ・広告や道具、写真など、さまざまな資料で紹介する展示会です。
 明治から昭和時代のチラシ・広告を写真で再現したコーナーでは、記された食堂のメニューや衣料品の種類、値段などから、当時のまちの空気が伝わってきます。かつて市内に存在した映画館(池田会館)や現存する店舗のものもあり、来場者は一つ一つ興味深げに眺めていました。
 当時を知っている人には懐かしい、知らない人には新しい「伊勢原」を知ることができる展示です。
 また、伊勢原市に関する情報を寄せていただくパネルも設置されていますので、あなただけが知っているとっておきの情報を教えてください。

開催期間は令和3年12月26日(日曜日)まで。午前9時~午後5時にご覧いただけます。

このページの
先頭へ戻る