大田小学校で麦踏み体験を行いました

公開日 2022年02月08日

麦踏み体験
麦踏みのやり方を教わります
念入りに踏んでいきます
隙間なく一歩ずつ踏んでいきます
列になって歩きます
列になって踏みしめました

令和4年2月7日、大田小学校3年生の児童約90人が「麦踏み(小麦の芽を踏んで、根張りを強くする作業)」を行いました。
 同校では、総合学習の時間を利用して小麦の生育過程を学ぶとともに、種まきから収穫までの作業を体験しています。
 この日は、市内で小麦を栽培する農家や地場産小麦を使うパン店などが中心となっている食育活動団体「麦踏み塾」の協力を得て、昨年11月に子どもたちが種をまいて長さ5センチほどに成長した麦の芽を踏みました。
 参加した児童たちからは「土がふかふかで踏むのが楽しい」、「小麦の作り方は習ったけど、実際に作業できてうれしかった」などの感想があり、寒空の下、小麦の成長を願いながら地面を踏みしめて歩く子どもたちの元気な声が響いていました。

このページの
先頭へ戻る