サルに遭遇したら

公開日 2010年12月16日

最終更新日 2015年12月15日

サルに遭遇したら次のことに注意してください。

エサをやらない
人に慣れていない野生のサルはエサを取る時に引っかいたり、噛み付いたりすることがありますので危険です。また、餌付けをすると人間を怖がらなくなり、野生に戻らずサルの繁殖の原因ともなります。繁殖によって、農作物を荒らしたり、人家に侵入するなどの被害が発生します。
近づかない
野生のサルはペットではありません。むやみに近づくと襲われることがあります。特に幼児などは危険です。
目をみつめない
目を見つめるとサルが威嚇されたと思い、人が視線をそらした時に襲われることがありますので、目を見ないようにしましょう。
大声を出さない
大声を出すことはサルを興奮させることになりますのでやめましょう。
からかわない
サルをからかうことはやめましょう。思わぬ行動をして事故になることがあります。

サルを発見したら、直ぐに連絡してください。

伊勢原市農業振興課 0463-94-4711(内線2114・ 2115)

神奈川県湘南地域県政総合センター環境調整課 0463-22-2711

伊勢原警察署 0463-94-0110

お問い合わせ

経済環境部 農業振興課鳥獣・営農係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2111・2114・2115)
FAX:0463-95-7613