鳥獣捕獲等許可について

公開日 2013年03月26日

最終更新日 2015年12月15日

鳥獣の捕獲等許可は、次のいずれかに該当すると認められる場合に行なわれます。

  • 鳥獣による農作物被害等が現に生じているかまたその恐れがあり、原則として被害等防除対策によっても被害などが防止できないと認められるとき
    (市で許可できる鳥獣:マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、コジュケイ、キジ、キジバト、ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ノウサギ、タイワンリス、シマリス、アライグマ、タヌキ、チョウセンイタチ(オスに限る。)、ミンク、ハクビシン、イノシシ、ヌートリア、ノイヌ、ノネコ、ドバト、ウソ及びオナガ。また、卵の採取は、キジバト、ドバト、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラスの卵とする。)
  • 学術研究または調査目的であると認められるとき
  • 傷病鳥獣保護のため当該鳥獣の傷病治療後、放野による本来の生息域への復帰を目的とした場合

【愛がん飼養のためのメジロ・ホオジロの捕獲はできなくなりました】

第10次神奈川県鳥獣保護事業計画により、平成20年4月1日から愛がん飼養を目的としたメジロ・ホオジロの捕獲が一切できなくなりました。

ただし、現にメジロ・ホオジロの飼養登録を平成20年3月31日までに済ませている人は、登録の更新手続きをすることにより、そのメジロ・ホオジロを引き続き飼養することができます。

お問い合わせ

経済環境部 農業振興課鳥獣・営農係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2111・2114・2115)
FAX:0463-95-7613