「架空請求」「不当請求」にご注意ください

公開日 2013年04月01日

最終更新日 2015年12月16日

利用した覚えのない“有料アダルト番組”の登録料や利用料などのハガキ、封書やメールなどによる一方的な請求、いわゆる「架空請求」や「不当請求」が横行しています。

利用した覚えのない架空請求が届いたら 絶対に支払ってはいけません!

〈対処方法〉

  1. 利用したことのない料金の請求は無視すること。
    業者は何らかの名簿や電話帳などをもとに請求を行っているものと思われます。業者の請求を過剰に恐れる必要はありません。無視することが一番です。
  2. 個人情報は絶対に教えないこと。
     自分からは絶対に連絡しないこと。                    
  3. 請求書などは保管しておくこと。
     業者からのハガキ、封書、メールなど、証拠として保管しておきましょう。
  4. 次のような場合には警察にも相談をすること。
    • 請求されるまま支払ってしまった場合
    • 自宅や勤務先に取り立てに来た場合
    • 脅迫などがあった場合
  5. 電報は、差出人、内容を見た上で受け取りを拒否することが可能です。
  6. 請求があった場合は、振込先とされた金融機関へ申し出ること。
  7. 発信元が裁判所の場合は放置せず裁判所へ確認すること。
     裁判所を装い、書面の連絡先が偽りの場合もあるので、本当の裁判所の連絡先を調べてから確認しましょう。
     なお、「訴訟を起こす」「法的手段を取る」などの脅し文句の請求はがき、メールは無視すること。
      架空請求の手口(民事訴訟裁判告知の例)(PDFファイル:125キロバイト)
  8. 不安な場合には、消費生活センターにご相談ください。

利用していないのに不当な請求を受けたら

例:携帯電話やパソコンでサイトにアクセスし、何らかの項目をクリックしたら入会や登録となり料金を請求された。

〈対処方法〉

  1. 意図せずアクセスしてしまい利用料金の請求を受けても、言われるがままに支払わないこと
      契約が有効に成立したとは限りません。安易に支払わないように。  
     申込内容を確認させる画面がない場合、契約無効が主張できます。
  2. 過度に不安にならないこと
      携帯電話番号、メールアドレス、個(固)体識別番号、アクセスエリアなどから個人情報が漏れることはありません。
       あわてて連絡したり、退会や解約の手続をしようと個人情報を入力したりしないこと。
  3. 記録を残しましょう
      後にトラブルに巻き込まれない為にも画面、サイト名、メールアドレスなどを記録保存しておきましょう。
  4. メールの受信、電話の着信を限定する
      メールや電話がきても心当たりのないものは拒否する。
      引続き請求が来ても受信、着信拒否やメールアドレスなどを変更することも一策。
  5. 「無料アダルトサイト」「無料待受画面サイト」「無料着メロサイト」にリンクされたアドレスや心当たりのないアドレスに不用意にアクセスしないこと。

利用する場合は必ず利用規約を確認し、クリックは慎重に。

【相談窓口】

  • 伊勢原市消費生活センター(1階1番窓口 市民協働課内)
     毎週月~金曜日(祝日・休日は除く) 9時30分~12時、13時~16時
     0463-95-3500
  • かながわ中央消費生活センター(外部リンク)
     月~金曜日(祝日は除く) 9時30分~19時
     土・日曜日、祝日 9時30分~16時30分
     045-311-0999
  • 総務省電気通信消費者相談センター
     月~金曜日 9時30分~12時、13時~17時
     03-5253-5900(代表)
  • 神奈川県警 悪質商法110番(24時間)
     045-651-1194
  • 消費者ホットライン
     0570-064-370(ゼロ・ゴー・ナナ・ゼロ 守ろうよ みんなを!)

お問い合わせ

市民生活部 人権・広聴相談課広聴相談係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:1125・1126・1163)
FAX:0463-92-9009

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード