平成30年4月1日から下水道使用料を改正(引き上げ)します

公開日 2018年01月19日

最終更新日 2018年01月19日

下水道事業の経営健全化を図るため、平成29年12月の市議会定例会で可決されました「下水道条例の一部を改正する条例」に基づき、平成30年4月1日から下水道使用料全体として4.8%(1~10.8%)引き上げさせていただきます。

下水道使用者の皆様には御負担をおかけしますが、今後もより効率的な下水道事業の運営に努めてまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。

伊勢原市公共下水道使用料改正のお知らせ[PDF:93KB]

 

1 公共下水道の必要性と伊勢原市下水道事業の現状

下水道は、汚水を速やかに排除することにより悪臭や蚊・ハエの発生を防ぐなどの生活環境の改善のほか、川や海などの水質保全、雨水を速やかに排除することによる浸水の防除等の大切な役割を持っています。

本市の平成28年度末における行政人口に対する下水道普及率は78.0%です。また、市街化区域における汚水管の整備率は84.6%となっており、汚水管の整備は、2025年度に市街化区域の概成を目標に進めています。

下水道事業にかかる経費として、汚水処理に関する費用(汚水処理経費)と雨水処理に関する費用があり、このうち汚水処理経費は下水道使用料で賄うことが原則とされていますが、現状は、一般会計からの繰入金で不足分を補っています。汚水処理経費を下水道使用料でどれだけ賄うことができているかを表す指標に経費回収率があります。これは、下水道使用料収入を汚水処理経費で割ることで計算され、伊勢原市は経費回収率が82.5%となっています。

2 なぜ下水道使用料を改正するのか

伊勢原市の下水道事業は、2025年度の市街化区域の整備概成に向けて整備を進めており、新たに下水道へ接続する世帯が増加することを見込んでおります。

しかし、今後は、人口の減少や節水意識の高まりにより使用料収入の大幅な増収は見込めず、また、事業開始当初に建設された管渠やポンプ場などの老朽化施設に対して行う改築や耐震化による事業費の増加などが予想されます。

このような見通しの中で、より健全な事業運営を目指し、使用料の改正を行うことといたしました。

 

3 今後の経営改善に向けた取組み

  1. 歳入向上に向けた取組
    • 意向型面整備の推進
      • 水洗化意向が強い地域や大規模開発計画地等から整備を進め、効率的な下水道使用料収入の確保を目指します。
    • 融資あっせん・補助金制度
      • 既存の浄化槽やくみ取り便所から公共下水道へ接続をする際に、接続資金の助成を行っています。過去5年間(平成24年度から平成28年度)で300件以上の利用実績があります。
    • 下水道普及員による戸別訪問
      • 公共下水道の供用開始後に、未接続世帯へ下水道普及員(非常勤特別職員)2名が普及に伺い、接続のお願いをしています。未接続理由、接続の可能性についての意向確認や、接続をお願いするパンフレットの配布を行っています。これにより約100件/年の接続につながっています。平成28年度からは、休日の普及促進も実施し、平日に会えない方への普及促進も行っています。
  2. 歳出低減に向けた取組
    • 処理設備の自動化・省エネ化、維持管理資材の効率的使用による削減
    • 下水道資材や発注形態を見直し、施設整備費を削減することによる公債費の削減

クルリンポーズ(工事現場・おじぎ)1

 

4 審議の経過 

  • 平成29年5月10日
    • 下水道運営審議会へ使用料の見直しについて諮問
    • 下水道運営審議会5回開催
  • 平成29年9月19日
    • 下水道運営審議会より答申
    • 【答申の内容】
      1. 使用料の算定期間は、4年程度とする。
      2. 独立採算の中で、基本方針である2021年度の経費回収率を、約92.3%とすることを目標とし、下水道使用料が約5%程度増収を見込まれる改正を行う。
  • 平成29年11月29日
    • 12月議会へ使用料改正を提案
    • 【提案内容】
      • 改正率を加重平均で4.8%とする。
  • 平成29年12月18日
    • 12月議会にて使用料改正について可決
    • 【議決内容】
      • 提案どおり、改正率を加重平均で4.8%とすることに決定。

 

5 改正単価

伊勢原市の使用料単価は、排水量が増えると単価が高くなる累進制となっています。

1カ月当たりの使用料単価(税抜き)
排水量 現行単価(円) 改正単価(円) 増額(円)
基本料金(8立方メートル以下) 812 821 9
8立方メートル超      20立方メートル以下 109 110 1
20立方メートル超    30立方メートル以下 116 134 18
30立方メートル超    40立方メートル以下 122 144 22
40立方メートル超    50立方メートル以下 125 145 20
50立方メートル超    100立方メートル以下 146 160 14
100立方メートル超  300立方メートル以下 192 211 19
300立方メートル超  1,000立方メートル以下 233 243 10
1,000立方メートル超 5,000立方メートル以下 257 265 8
5,000立方メートル超 279 284 5

 

2カ月当たりの使用料単価(税抜き)
排水量 現行単価(円) 改正単価(円) 増額(円)
基本料金(16立方メートル以下) 1,624 1,642 18
16立方メートル超     40立方メートル以下 109 110 1
40立方メートル超     60立方メートル以下 116 134 18
60立方メートル超     80立方メートル以下 122 144 22
80立方メートル超    100立方メートル以下 125 145 20
100立方メートル超  200立方メートル以下 146 160 14
200立方メートル超  600立方メートル以下 192 211 19
600立方メートル超  2,000立方メートル以下 233 243 10
2,000立方メートル超 10,000立方メートル以下 257 265 8
10,000立方メートル超 279 284 5

 

6 改正料金

下水道使用料の改正を行う平成30年4月1日からは、一般家庭で平均的な排水量である、1ヶ月20㎥の場合では1ヶ月23円の増額となります。

1カ月当たりの使用料(税込み)
使用水量 現行使用料(消費税8%) 改正使用料(消費税8%) 増額(円)
基本料金(8立方メートル以下) 876 886 10
20立方メートル 2,289 2,312 23
30立方メートル 3,542 3,759 217
40立方メートル 4,860 5,314 454
50立方メートル 6,210 6,880 670
100立方メートル 14,094 15,520 1,426
300立方メートル 55,566 61,096 5,530
500立方メートル 105,894 113,584 7,690
1000立方メートル 231,714 244,804 13,090
3000立方メートル 786,834 817,204 30,370
5000立方メートル 1,341,954 1,389,604 47,650

 

2カ月当たりの使用料(税込み)

使用水量 現行使用料(消費税8%) 改正使用料(消費税8%) 増額(円)
基本料金(16立方メートル以下) 1,753 1,773 20
40立方メートル 4,579 4,624 45
60立方メートル 7,084 7,518 434
80立方メートル 9,720 10,629 909
100立方メートル 12,420 13,761 1,341
200立方メートル 28,188 31,041 2,853
600立方メートル 111,132 122,193 11,061
1000立方メートル 211,788 227,169 15,381
2000立方メートル 463,428 489,609 26,181
6000立方メートル 1,573,668 1,634,409 60,741
10000立方メートル 2,683,908 2,779,209 95,301

お問い合わせ

土木部 下水道業務課総務係
住所:伊勢原市神戸120番地アクアクリーンセンター
TEL:0463-92-3031
FAX:0463-95-0981

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード