伊勢原市の都市計画道路の整備について

公開日 2017年05月08日

最終更新日 2017年05月08日

都市計画道路とは

都市計画道路とは、都市計画法に基づいてあらかじめルートや幅員などが決められた、都市の骨格となる幹線道路です。

都市計画道路は、まちづくりに大きく関わることから、将来の都市像を踏まえて計画されます。

 

都市計画道路の役割

まちづくりにおいて、道路が備えるべき機能は多様なものがありますが、中でも都市計画道路は基幹的な役割を担っています。

  • 交通機能:人や自動車の移動や沿道の施設への連絡機能を果たします
  • 市街地形成機能:街の骨格を成し、沿道の市街化を誘導します
  • 空間機能:日照や通風をよくするための環境機能、避難路等としての防災機能、水道、ガスなどの施設の収容空間の機能を果たします

 

整備済み箇所の状況

牛塚下原線

伊勢原駅南口付近(牛塚下原線)

tanakakasakubo-seibizumi

中央公民館付近(田中笠窪線)

nishitomioka-seibizumi

桜台2丁目地内(西富岡馬渡線)

鷺田市場線

桜台1丁目地内(鷺田市場線)

 

 

 

 

伊勢原市の都市計画道路の状況

伊勢原市の都市計画道路は、23路線、延長60,980メートルが都市計画決定されています。平成28年度末現在での整備率は、約37パーセントです。各路線別の整備状況などについては、統計いせはら(平成28年版)08建設[PDF:115KB]をご覧ください。

 

現在、市が整備中の都市計画道路

関連ワード

お問い合わせ

土木部 道路整備課幹線道路整備係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2332・2333・2334・2335)
FAX:0463-94-9851

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード