行き止まり道路(私道)の市への移管について

公開日 2014年10月22日

最終更新日 2015年03月03日

平成18年4月1日から一定の条件のもと行き止まり道路(私道)の移管が出来るようになりました。

【移管の条件】

  • 道路の幅員条件
    4メートル以上(側溝を含む。)
  • 公道への接続条件
    行き止まり道路の起点が道路法第3条に規定する道路(市道、県道、国道)に接続しており、次のいずれかに該当するもの
  1. 終点が公共施設等に接していること。
    移管道路イメージその1
  2. 道路延長が35メートル以下であること。
    移管道路イメージその2
  3. 道路延長が35メートルを超えるものにあっては、区間35メートルごとを標準に、自動車転回広場が設けられていること。
    移管道路イメージその3
  4. 道路延長が35メートルを超え、かつ、道路幅員が6メートル以上であること。
    移管道路イメージその4

※2~4については、宅地(斜線で囲まれた土地)が4画地以上行き止まり道路に接していること。

  • 道路の構造上の条件
    伊勢原市が管理する市道の構造の技術的基準を定める条例(平成24年伊勢原市条例第27号)の基準に適合し、次の事項が確認されたもの。
  1. アスファルト舗装又はコンクリート舗装がされ、人や車両の安全かつ円滑な交通を図ることのできる路面状態であること。
  2. 道路雨水を処理するための排水施設が設置され、排水流末が公道又は公共用地に確保されていること。
  3. 歩行者又は通行車両の安全確保に必要な防護柵、視線誘導標などの交通安全施設が設置されていること。
  • 道路境界及び所有権の条件
    道路境界が明確となっており、道路敷地に所有権以外の権利が存在しない完全なる所有権の移転が寄附により可能であること。
  • 道路占用物件に関する条件
    道路敷地に道路法第32条第1項各号に規定する占用の許可対象とならない工作物などが設置されていないこと。

【移管に係る費用負担】

  • 移管時 申出者の負担
    • 境界確定図の作成(境界標の設置を含む。)
    • 土地分筆登記
    • 必要により道路施設の修繕
  • 移管後 市の負担
    • 道路台帳の図面及び調書の補正
    • 道路施設の維持管理

手続きなど詳しくは、担当へお問い合わせください。

お問い合わせ

土木部 土木総務課境界・財産管理係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:2313・2314・2316・2317)
FAX:0463-95-7614