宝城坊本堂

公開日 2012年10月04日

伊勢原の指定文化財

宝城坊本堂

宝城坊本堂写真
読み、指定、種別、数量、所有者、指定日一覧
よみ ほうじょうぼうほんどう
指定 国指定重要文化財
種別 建造物
数量 1棟
所有者 宝城坊
指定日 平成7年12月26日指定

 

 

詳細情報

宝城坊本堂の大きさと材質・構造
構造 七間仏堂、寄棟造(よせむねつくり)、茅葺

解説

本堂は単層茅葺の壮大な建物です。
間口約22.7 メートル、奥行約17 メートル、高さ約17.7 メートルと、茅葺の建物としては規模が大きく、周囲の山を背景にどっしりと建つ姿には圧倒されます。簡素ながらも中世的な趣を伝える広大な内陣(ないじん)と、近世的な華やかな外陣(げじん)の構造などに見応えがあります。

江戸時代の万治3 年(1660)に旧本堂の部材を利用して再建され、その後寛保3 年(1743)から延享2 年(1745)にかけて改修され、その後も数回にわたって修理されています。

軸部の傷み等により、平成22 年から平成28 年にかけて、延享期以来約270 年ぶりとなる大規模な保存修理工事が行われました。

本堂を覆う仮設の屋根を架け、一度全ての部材を解体し、補修して組立て直すというものです。また、その際の調査により、鎌倉時代の部材が使われていることがわかりました。

現在ではよみがえった美しい本堂の姿を見ることができます。

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

ページのトップへ