日本遺産の概要

公開日 2017年04月18日

日本遺産に認定された伊勢原市のストーリータイトル
江戸庶民の信仰と行楽の地 ~巨大な木太刀を担いで「大山詣(おおやままい)り」~

日本遺産(Japan Heritage)とは

平成27年度に創設された制度で、地域の有形・無形の文化財をパッケージ化し、歴史的魅力や特色を通じて日本の文化や伝統を語るストーリーを文化庁が認定するもので、国内外に戦略的に発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としています。
 文化庁では、東京オリンピックが開催される2020年までに全国で100件程度の認定が予定されています。

平成28年度の認定

平成28年4月19日に文化庁において開催された「日本遺産審査委員会」の審議の結果を踏まえ、平成28年4月25日付けで、本市のストーリーを含む19件が平成28年度の日本遺産に認定されました。

認定されたストーリーの概要

1浮世絵_東海道保土ケ谷

江戸庶民の信仰と行楽の地
~巨大な木太刀を担いで「大山詣(おおやままい)り」~

大山詣りは、鳶などの職人たちが巨大な木(き)太刀(だち)を江戸から担いで運び、滝で身を清めてから奉納と山頂を目指すといった、他に例をみない庶民参拝である。そうした姿は歌舞伎や浮世絵にとりあげられ、また手形が不要な小旅行であったことから人々の興味関心を呼び起こし、江戸の人口が100万人の頃、年間20万人もの参拝者が訪れた。
 大山詣りは、今も先(せん)導師(どうし)たちにより脈々と引き継がれている。首都近郊に残る豊かな自然とふれあいながら歴史を巡り、山頂から眼下に広がる景色を目にしたとき、大山にあこがれた先人の思いと満足を体感できる。

主な構成要素

2大山全体
大山
3国指定重要文化財_鉄造不動明王及び二童子像
大山寺(鉄造不動明王及び二童子像)
4大山寺
大山寺
5阿夫利神社・下社
阿夫利神社(現・大山阿夫利神社・下社)
6道標_下落合
大山道の道標
7浮世絵_豊國七変化のうち「ちょんがれ」板東三津五郎
納め太刀
 
8滝_愛宕滝3
大山詣りで身を清めた滝
9宿坊
参道沿いに建てられた宿坊
10浮世絵_良弁滝図(圧縮)

()雲亭(うんてい)(さだ)(ひで)「大山良弁図」元治元(1864)年

11豊国・大當大願成就有が瀧壷(圧縮)

歌川(うたがわ)豊国(とよくに)「大當大願成就有が瀧壷」文久3(1863)年

12豆腐料理
豆腐料理
13大山こま3
大山こま

ストーリー等の詳細(文化庁に提出した書類)

日本遺産ストーリー(PDF:516KB)

構成文化財一覧(PDF:154KB)

構成文化財位置図(PDF:496KB)

構成文化財の写真一覧(PDF:1244KB)

関連リンク

文化庁 日本遺産(外部リンク)

日本遺産「大山詣り」チラシ

チラシ(表)
チラシ(裏)

日本遺産「大山詣り」チラシ(表面)(PDF:371KB)

日本遺産「大山詣り」チラシ(裏面)(PDF:581KB)

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

ページのトップへ