石雲寺

公開日 2018年04月10日

石雲寺

石雲寺

所在地

伊勢原市日向1767番地

概要

日向川に沿って上った山深い山中にあります。寺伝によれば、養老 2(718)年に諸国行脚の旅にあった華厳妙瑞法師が亡き大友皇子の冥福を祈って建立したとされます。山号は大山寺と同様の「雨降山」。寺には「真宗明覚大法王」と彫られた大友皇子の位牌が祀られており、また伊勢宗瑞(北条早雲)の三男幻庵が、天文 12(1543)年に石雲寺に対して諸役を免除することを通達した文書も残されています。

石雲寺から少し下ると(伝)大友皇子の墓に行くことができます。そこに祀られていた市指定の石造五層塔は、現在寺の境内へ移設されています。

文化財

市指定

 

日向地区文化財散策ルートへ

お問い合わせ

教育総務課文化財係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-74-5109
FAX:0463-95-7615