青い目の人形

公開日 2020年03月18日

伊勢原の登録文化財

青い目の人形

青い目の人形
読み、登録、種別、数量、所有者、登録日一覧
よみ あおいめのにんぎょう
登録 市登録文化財
種別 歴史資料
数量 1
所有者 大山小学校
登録日 平成30年10月23日登録

 

詳細情報

青い目の人形の大きさと材質・構造
高さ 約40センチメートル
材質・構造 ビスク製(顔と手が磁器製)

解説

昭和2年(1927)に日米親善交流を目的に、アメリカの子どもたちから送られてきたビスクドール(顔と手が磁器製)です。

12,739体の人形が日本に送られてきましたが、太平洋戦争等の影響で多くが焼却・廃棄されました。

現在は全国で321体が確認されています。その中でも大山小学校の青い目の人形は、日本のモリムラ・ブラザーズ(ノリタケの前身)で製造されアメリカへ輸出された珍しい1体です。

「ルース・ジェーン」と名付けられたこの人形には、付属品として「大山校」と焼印された木箱、椅子、オリジナルの下着とワンピースがあります。

 

※青い目の人形に関する詳しい経緯は、別ページ「日米親善交流のシンボル~青い目の人形~」で紹介しています。

お問い合わせ

教育総務課文化財係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-74-5109
FAX:0463-95-7615