浮世絵に見る相模大山

公開日 2012年10月04日

絵の中に相模大山あるいは関連するものが登場する浮世絵が数多くあります。伊勢原市教育委員会では昭和の終わり頃から今日まで、そうした浮世絵を収集してまいりました。

大山関係の浮世絵はリストアップしてきたところ、200点を越えるだろうと考えられます。かつてその分類を大雑把に、

  • 大山参詣の道(江戸から大山、大山山内、山帰り)
  • 名優たちの競演(芝居絵に見る大山参詣)
  • 風景画に見る大山(描かれた日本の名山)
  • その他

の4つに分類してみました。

現在でも大きく変更する必要はないように思います。ただし浮世絵の専門的な調査研究ではなく、大山の歴史・文化財の調査研究の一環として行っているものです。世界中の博物館・美術館に収蔵されている膨大な資料を視野に入れ、関係文献を追跡ということではなく、たまたま目にした資料からリストを作成というレベルですので、漏れや他に分類できるものの存在は否定できないことをおことわりしておきます。

ここに紹介する浮世絵は、伊勢原市が所蔵する資料(複製も含む)です。浮世絵の名称・年代は、『伊勢原市史 通史編 近世』(平成22年 伊勢原市)所載の飯田孝氏「大山関係錦絵一覧」を用いています。

お問い合わせ

教育部 教育総務課文化財係

ページのトップへ