写真日記 令和元年5月

公開日 2019年05月21日

更新日 2019年06月03日

過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

令和元年5月

5月29日(水曜日)チャレンジデー伊勢原2019

190529_1 

6回目の挑戦となった住民総参加型スポーツイベント・チャレンジデー。伊勢原市の参加率は67.9%で、長崎県大村市の69.8%に一歩及びませんでした。
 同市には初めて参加した平成26年に敗れており、雪辱を果たすことはできませんでしたが、伊勢原市は県内自治体で2番目に高い参加率となりました。多くの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。今後も適度な運動を続け、健康づくりにつなげていきましょう。

5月25日(土曜日)第8回いせはら芸術花火大会

190525_3 190525_2

第8回いせはら芸術花火大会が総合運動公園で盛大に開催されました。豊かな地域づくりと次代を担う子どもたちの愛郷心を育むことを目的に、市民有志の方々が中心となって運営するものです。
 国内屈指の花火技術を持つ磯谷煙火店による2000発の花火が、夜空を華やかに彩る様子に大変感動いたしました。
 今回の来場者数は2万8000人、従事していただいたスタッフは300人以上と聞き及んでおります。総合運動公園にこれだけの人が集まるのは、このイベント以外にありません。
 実行委員会をはじめ、ボランティアスタッフ、ご協賛いただいた方々に厚くお礼を申し上げるとともに、今後も各方面のご協力を得ながら、伊勢原がさらに元気になるための施策に取り組んでまいります。

5月15日(水曜日)産業能率大学の新入学生に向けた講演

IMG_6191 IMG_6185

4月に産業能率大学に入学した約400人の学生に対し、「伊勢原市の今と未来のまちづくり」をテーマに市の概要や大山をはじめとする地域の魅力についてお話しました。
 充実した大学生活を送るために行われている「情報マネジメント学部の学び方」の一環でお招きいただいたもので、熱心に話を聞く学生たちの姿が印象的でした。学生の皆さんには、ぜひ自ら地域に飛び込んで活動していただくことを期待します。
 産業能率大学とは昨年の8月に包括協定を締結しているほか、今年度中には湘南キャンパスの近くに伊勢原大山インターチェンジが開通予定です。今後も幅広い分野で連携・協力を図っていきたいと思います。

5月12日(日曜日)「大山参道入口」記念碑・村田周魚句碑再建立式典

190512_1 

県道611号沿いに「大山参道入口」の記念碑と、大山ゆかりの川柳家・村田周魚の句碑が再建されました。
 これらの碑は、昭和41年に大山の国定公園指定を記念して旧大山駅バス停終点に設置されましたが、平成12年の道路拡幅工事の際に撤去されたままになっていました。今年、周魚翁生誕130年の節目を迎えるに当たり、有志の方々の手により実現したものです。
 関係各位の多大なご尽力に敬意を表するとともに、この新たな観光スポットが、さらなる来訪客増につながることを期待しております。

5月9日(木曜日)西部用水 通水式

190509_1 

厚木市の大相模水神社で西部用水の通水式が執り行われました。
 本水路は昭和30年代初めに築造されたもので、伊勢原や厚木、平塚の農業にとって欠かすことのできない水路として現在も大切にされています。
 本市でも今月から田植えが始まります。伊勢原の田畑の約3割を60年もの間、潤してきた西部用水の豊かな水を活用し、今年も実り多き秋を迎えられるよう願っています。

このページの
先頭へ戻る