写真日記 令和3年7月

公開日 2021年07月08日

更新日 2021年09月21日

 過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

令和3年7月

7月26日(月曜日)伊勢原高校ライフル射撃部が全国大会出場を報告

伊勢原高校射撃部

伊勢原高等学校ライフル射撃部2年生の川辺さんと石井さんが、8月8日から広島で行われる全国大会への出場報告に来てくれました。
 2人は6月13日に県立伊勢原射撃場で行われた予選大会で優秀な成績を収め、神奈川県代表として全国に臨みます。
 同部は平成28年から5大会連続で出場していますが、女子選手の出場は今回が初めてとのことです。
 「練習で培った力を全て出せるよう頑張りたい」と大会への思いを語ってくれました。
 射撃競技は集中力が大切です。大会では遺憾なく力を発揮し、ゆくゆくはオリンピックに出場できるよう頑張ってほしいと思います。

7月26日(月曜日)三協フロンテア株式会社と「災害時における物資の供給に関する協定」を締結

三協フロンテア

市ではこの度、ユニットハウス事業などを展開する三協フロンテア株式会社と「災害時における物資(ユニットハウス等)の供給に関する協定」を締結しました。
 大規模災害時に、同社が所有するユニットハウスや仮設トイレなどを優先的に調達していただく内容で、応援職員の事務所や災害ボランティアの拠点施設としての活用を想定しています。
 近年では地震のみならず大型台風や大雨などによる被害が多発しており、常に災害への対処を意識する必要があります。市としても準備を進めておりますが、災害時の活動実績を豊富に持つ同社の協力を心強く思います。
 市民の安全・安心な暮らしを守るため、今後も様々な企業と連携を密にし、災害対策を進めてまいります。

7月15日(木曜日)市消防職員が静岡県熱海市での緊急消防援助活動内容を報告

市消防活動報告

7月3日の大雨による静岡県熱海市の土砂災害に対し、県からの要請により派遣した消防隊員4人から、活動報告を受けました。
 隊員たちは7月10日~12日の3日間、膝上以上の高さの土砂をかき分けながら、行方不明者の捜索活動を行いました。残念ながら発見には至りませんでしたが、一人でも多くの人を見つけたいという強い気持ちをもって活動したとのことです。
 7月20日現在も捜索活動が続いている状況ではありますが、一日でも早く事態が収束することを願っております。
 派遣した隊員においては、今回の災害救助活動を通して得た経験を活かし、今後の本市の防災に役立てていただくことを期待します。

7月9日(金曜日)GIGAスクール構想に係る現場視察

GIGAスクール視察

今年度からスタートしたGIGAスクール構想について、竹園小学校で授業の様子を視察しました。6年生は総合的な学習の時間の調べ学習として、修学旅行に向け、クラウド版百科事典や観光協会ホームページなどから自分で調べたことをスライドにまとめていました。発表のために端末を大型テレビに接続する作業も児童が行うなど、日常的に活用している様子が見られました。
 GIGAスクール構想では、1人に1台タブレット端末を配置することで、双方向型の一斉授業や個別の学習状況に応じた学習ができるようになります。将来を担う子どもたちが誰一人として取り残されることのないよう、教育ICT環境の充実を推進してまいります。

7月5日(月曜日)髙橋優花さんが聖火リレー代替イベント参加の報告

髙橋さん表敬訪問

市民で聖火リレーランナーの髙橋優花さんとお子さんが、6月28日に藤沢市で行われた「東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県点火セレモニー」に参加したことを報告に来られました。
 本市では同日、大山地区においてケーブルカーを利用した、全国的にも珍しい聖火リレーが予定されていました。髙橋さんはその第一走者を務めるはずだったとのことです。
 「一人で大山に登り練習していました。市内を走れなくて残念でしたが、代替イベントで精いっぱい頑張りました」と、笑顔で話してくれました。
 東京2020オリンピックには本市出身の選手が4人も出場します。全市をあげて応援してまいりたいと思います。

このページの
先頭へ戻る