残さず食べよう!3010(さんまるいちまる)運動

公開日 2019年04月01日

更新日 2019年04月01日

食品ロス削減国民運動ロゴマーク「ろすのん」

3010(さんまるいちまる)運動は食品ロスを減らす運動です!

3010運動とは、長野県松本市で考案された、食品ロス(注1)を減らす取り組みです。

飲食店等での会食や宴会時に、はじめの30分と終わりの10分は自分の席で食事し、食べ残しを減らしましょう!

(注1)食品ロス・・・食べることができるのに、捨てられてしまう食品

 

食品ロスの現状

全国で発生する食品ロスの量は年間で643万トンもあると言われています(農林水産省及び環境省「平成28年度推計」)

これは、世界全体の食料援助量(年間320万トン)の、およそ2倍にもなります。

この食品ロスの問題を知ってもらい、減らしていくために、3010運動をはじめとした、食品ロス削減の取り組みを推進していきましょう!

 

3010運動の取り組み

  1. 飲食店等で注文する際は、適量を注文しましょう
  2. 乾杯後(宴席開始後)30分間は席を立たず料理を楽しみましょう
  3. お開き前10分間は自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう

お問い合わせ

経済環境部 環境美化センター資源循環係
住所:伊勢原市神戸378番地
TEL:0463-94-7502
FAX:0463-92-4717
このページの
先頭へ戻る