市政施行50周年記念事業市民ワークショップを開催しました

公開日 2019年07月05日

更新日 2019年07月05日

中央公民館で6月29日(土)、22名が参加し、市民ワークショップを開催しました。

令和3(2021)年3月1日に市政施行50周年を迎えるにあたり、祝意の醸成や、市内外への記念事業のPRに活用するキャッチフレーズと記念事業の提案をいただくため、市と包括協定を締結している産業能率大学や東海大学の学生、関係機関や公募で参加された市民のみなさん、市職員を参加者とするワークショップを開催したものです。

 

市民ワークショップ 開催記録

当日の様子

市職員から市制施行50周年記念事業についての説明を行い、その後、グループごとにキャッチフレーズと記念事業アイデアについて話し合いました。グループ発表の際には、キャッチフレーズとそこに込めた伊勢原への思い、市内外へアピールしたい魅力や見所について語っていただきました。

 

開場全体
真剣な表情で考える参加者のみなさん
個人ワーク
キャッチフレーズ案を考えます
話し合い
様々な世代で交わされた議論

 

話し合い②
話し合い、グループ案をまとめます
模造紙作成
発表用のポスターを作成
発表風景
キャッチフレーズに込めた思いを発表

参加者のみなさま(敬称略)

グループ 所属等 氏名 
A 産業能率大学 本橋 鋭一
東海大学 安藤 梨佐
東海大学 一色 祐菜
JAいせはら 浅岡 和浩
市民公募 福岡 博
B 産業能率大学 渡辺 真昼
東海大学 中村 詩菜
商工会 樋口 眞央
市民公募 村上 太志郎
C 産業能率大学 増山 里杏
産業能率大学 齋藤 恵祐
東海大学 根元 恭子
観光協会 二見 緑
市民公募 成瀬 善之
D 産業能率大学 井上 楓香
産業能率大学 柳田 愛美里
東海大学 中村 光
市民公募 鈴木 義幸

 

市民ワークショップ 開催結果

ワークショップでは、4つのグループに分かれ、グループごとにキャッチフレーズや記念事業アイデアを提案していただきました。提案された4案のキャッチフレーズについては、今後市民投票を実施していく予定です。

 

Aグループ
Aグループ
Bグループ
Bグループ
Cグループ
Cグループ
Dグループ
Dグループ

 

お問い合わせ

企画部 経営企画課企画調整係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4845
FAX:0463-93-2689
このページの
先頭へ戻る