第6回 金子吉延さん(金子屋)

公開日 2024年05月15日

更新日 2024年05月15日

金子吉延さん(金子屋)

DSC_6070

経歴

昭和24年11月生まれ(74歳)。大学を卒業後、漆器を取り扱う会社で2年修行し、ろくろ技術の基礎を学ぶ。その後、金子屋7代目の父のもとで大山こまづくりを始める。現在は8代目として、50年にわたり大山こまの製作を行っている。市指定文化財技術保持者。

子どもたちにたくさん遊んでほしい

大山こまの製作技術は長い歴史の中で、伝統が脈々と引き継がれたものです。技術を引き継ぐためには、基礎を学ぶことが何よりも重要です。私は、ろくろ技術の基礎を学んでから、こま製作に使用する刃の作り方を学び、そこから大山こまの製作を先代の父から教わりました。こま製作の前に、この基礎を学ぶ2年ほどの修行期間が不可欠です。50年作り続けている現在でも、講習会へ参加したり、動画を見て学んだり、日々勉強しています。多くの人に手にとってもらえるように、キーホルダーや、ひねりごまなど、さまざまな種類のこまを製作しています。
 こま職人は全国にいますが、生活ができずに辞めてしまう人も多く、 地域特有のおもちゃがなくなってしまうことは、とても残念です。
 大山こまが皆さんに親しまれていることは嬉しく思っており、おもちゃとして子どもにこまを回して遊んでもらえることが、一番のやりがいにつながります。これからも、代々引き継がれた技術を絶やさないよう思いを込めて、大山こまの製作を続けていきます。

DSC_3218

DSC_3259

DSC_3308

DSC_6053

DSC_6098 - コピー

DSC_0555(1)

お問い合わせ

企画部 広報戦略課 広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689
お知らせ:問い合わせメールはこちら
このページの
先頭へ戻る