9月10日は「下水道の日」です

公開日 2018年09月01日

更新日 2019年08月19日

下水道の日の歴史

「下水道の日」は、昭和36年(1961年)、著しく遅れているわが国の下水道の全国的な普及(当時の普及率:6%)を図る必要があることから、このアピールを全国的に普及するため、当時の下水道を所管していた建設省(現在の国土交通省)、厚生省(現在は環境省に所管変更)と公益社団法人日本下水道協会の前身団体が協議して「全国下水道促進デー」として始まりました。

それから約40年。日本における近代下水道の基である「下水道法(当時は旧下水道法)」が制定された明治33年(1900年)から100年を迎え、その記念行事が行われたことや、平成13年(2001年)が21世紀のスタートの年にあたること、さらには近年の下水道に対する認識の高まりもあり、より親しみのある名称として「下水道の日」に変更されました。


「下水道の日」が9月10日と定められたのは、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風シーズンである210日を過ぎた220日(立春から数えて)が適当であるとされたことによります。

参考:日本下水道協会HP

下水道の普及状況と接続のお願い

伊勢原市の下水道普及率は、79.21%(平成31年4月1日現在)です。

伊勢原市で公共下水道の整備が既に完了している地区にお住まいで、敷地内に公共汚水ますが設置されている人は、下水道に接続できます。現在「浄化槽」あるいは「くみ取り便所」を使用されている人は、早期に下水道への接続をお願いします。

接続工事を行う際は、市の指定下水道工事店へ依頼をお願いします。市の補助金制度(1万5千円)又は金融機関からの融資制度が受けられます。

お問い合わせ

土木部 下水道経営課公営企業係
住所:伊勢原市神戸120番地アクアクリーンセンター
TEL:0463-92-3031
FAX:0463-95-0981

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る