伊勢原大山インター土地区画整理事業について

公開日 2021年03月26日

更新日 2021年03月26日

本地区は、市の北西部に位置し、小田急線小田原駅「伊勢原駅」から北西約3キロメートルの地点にあり、地区北側には新東名高速道路伊勢原大山インターチェンジが近接しています。
 また、地区中央には、県道603号や事業中の厚木秦野道路(国道246号バイパス)が縦断することから、交通利便性の更なる向上が見込まれるエリアに位置しています。
 こうした広域幹線道路の整備効果を生かした新たな産業用地の創出を目的として、令和3年1月8日付けで神奈川県知事から伊勢原大山インター土地区画整理組合の設立が認可され、組合施行による土地区画整理事業が開始されました。
 インターチェンジに近接する立地特性を生かした産業拠点として、区画道路や公園、調整池などの公共施設の整備改善とともに、新たな産業系市街地の形成が進められていきます。

 

伊勢原大山インター土地区画整理事業の概要

事業名称 伊勢原都市計画事業
伊勢原大山インター土地区画整理事業
施行者 伊勢原大山インター土地区画整理組合
施行地区の区域 伊勢原市上粕屋字久保上、字御伊勢森、字黒岩、字山王原、字秋山上、
字舟久保、字神成松、字石倉上、字石倉中、字的場、字立原の各一部
施行面積 約23.2ヘクタール
組合設立年月日 令和3年1月8日
施行期間 令和3年1月8日から令和9年9月30日まで
総事業費 8,037,000,000円
公共保留地
合算減歩率
55.58%

 

お問い合わせ

都市部 新産業拠点整備課事業推進係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4769
FAX:0463-95-7614
このページの
先頭へ戻る