峰岸下自治会

公開日 2019年04月24日

更新日 2020年10月22日

峰岸下自治会は、伊勢原市の中央部に位置する高部屋地域の単位自治会です。

北は日向薬師行きバス停東海大学病院りんどう寮前から南は片町バス停までの、南北約1キロメートル、東西約400メートルの地域に位置する自治会です。

かつては田園風景のある地域でしたが、交通の便が良いことから宅地開発が進み戸建住宅やマンションなどが建築され、約400世帯の住宅地域へと変わりました。

隣接する自治会(峰岸上・峰岸団地・ハイム上粕屋)と連携を図り活動しています。

峰岸下自治会長あいさつ

前場 秀雄

いつ来るかわからない災害に見舞われた時のお互いの助け合いなどは自治会の大きな役割です。そのためにも気軽に参加できる行事を行い、いざという時に役に立つ地域の方々との交流や親睦を図っています。

現在新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない状況の中、地域のイベントも中止となっています。10月の道灌祭りや8月の峰岸下自治会納涼祭も中止となりました。自治会のみなさんにおかれましては健康に留意され感染予防に十分に心がけていただきますようお願いいたします。

令和となってから台風15号・19号と地球温暖化の影響と思われる大型化した台風が上陸し多くの被害が出ました。地震だけではなく毎年出現する大型台風に対する防災対策も自治会として必要となってきました。

そこで峰岸下自治会では防災対策を令和元年度より6年計画で重点的に取組むことにしました。具体的には下記のように進めております。

  1. 検討組織:自主防災会検討会議委員13人【防災指導員9人(女性2人)・自治会会長・副会長・会計・防犯指導員】
  2. 防災倉庫建設:令和元年度の12月に建設しました。
  3. 防災資機材等整備:令和2年度より5年計画で整備していきます。
  4. 民間事業所等との災害時協力体制づくり:令和2年2月に自治会と(株)丹野設備工業所との合意書を締結し、今後他の事業所等とも協力体制を進めていきます。
  5. 緊急一時避難場所(峰岸ふれあい公園)の防災施設整備:マンホールトイレ・かまどベンチ等を整備するよう峰岸上自治会と協力して市に要望していきます。(公園周辺の公共下水道整備は令和5年~6年度)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた生活となっていますが、防災対策を推進していくために自治会の皆さんのご協力をお願いいたします。

峰岸下地区景観

【峰岸下地区内の臨済宗宝泉寺からの展望】

北方向(左側東海大病院りんどう寮・右側東名JCT)
東方向(中央に市役所)
南方向(右側県営峰岸団地給水塔)
西方向(中央に霊峰大山)

令和元年度の主な取り組み

  • チャレンジデー参加(5月)
  • 高部屋地区ふるさとまつり参加(7月)
  • 子ども会折り紙教室(7月)
  • 市自主防災リーダー養成研修参加(8月・11月・1月)
  • 自治会納涼祭(8月)宝泉寺境内
  • 高齢者の集い(9月)阿夫利荘
  • 宝泉寺公園愛護会発足(9月)
  • 市民総ぐるみ大清掃参加(9月・3月)
  • 子ども会いもほり(11月)
  • 自主防災会研修会(11月)石倉上・西沼目自治会
  • 血管年齢測定と出前講座(11月)
  • 防災倉庫完成(12月)
  • 子ども会クリスマス会(12月)
  • だんごづくり教室とどんど焼き(1月)
  • 高部屋地区公民館まつり参加(2月)
  • 防犯パトロール(毎月1回)
  • 役員、組長会議(随時)
  • 総会(3月)

ニュース

安否確認カードを使用した防災訓練を実施

令和2年9月27日(日曜日)午前9時より峰岸下自主防災会による下記3項目の防災訓練を実施しました。
 安否確認カードによる訓練は市内では初めてです。
 当日は午前9時に震度5弱以上の地震が発生した想定で行われました。

1.安否確認カードによる訓練

自治会内各戸が地震発生時に安否確認カードを掲示し、各組長が掲示を確認のうえ、午前10時に災害対策本部の峰岸集会所に報告しました。【災害発生時に地域で助けを必要としている方を速やかに見つけ、救出をするために自主防災会では安否確認カードを自治会全戸に配布しました】※安否確認カードの掲示率は60.2%でした。

来年は地震発生想定時間に地元消防団と連携し、消防車が自治会内を巡回する予定です。

カード掲示例1
カード掲示例2
カード掲示例3

2.防災支援ブロック図・避難ルートマップの図上避難誘導訓練(峰岸集会所)

1.防災支援ブロック図【20戸~30戸の単位:複数組で形成した新たなブロック】
 被災者の救出には住民の数が必要なため、新たなブロックができました。各ブロック内で複数の組長を中心とした住民による要支援者を含む被災者の救出と、緊急一時避難場所の峰岸ふれあい公園への避難誘導の地図上の説明がありました。

2.避難ルートマップ【峰岸ふれあい公園から山王中学校への避難誘導】
 緊急一時避難場所の峰岸ふれあい公園での峰岸上自治会との連携、中間地点の五霊神社での〆引自治会との連携のもと、山王中学校へ避難誘導の地図上の説明がありました。助けが必要な方を優先に避難誘導していきます。

防災支援ブロック図
避難ルートマップ

3.防災資機材取り扱い訓練(宝泉寺公園内防災倉庫・土のう置き場)

宝泉寺公園内の防災倉庫に移動して防災資機材取り扱い訓練を実施しました。
 防災指導員の案内により、防災倉庫内のブルーシートや担架・一輪車等の防災資機材の在庫確認をしました。インバーター発電機と投光器については、防災指導員による取り扱い訓練を実施しました。インバーター発電機は令和2年9月に購入。パソコン・スマホが使用でき、400Wまでの家電製品が使用可能な最新機種です。
 隣接する土のう置き場も在庫の確認をしました。土のうについては、土のう用袋が500袋ほど防災倉庫内に備蓄してあります。災害時には作製して対応します。

以上3項目の防災訓練は正午に無事終了しました。自治会のみなさんのご協力を頂き、ありがとうございました。
 峰岸下自主防災会では安否確認カードを掲示する防災訓練は、コロナ禍でも人との接触がないことから、来年も継続していく予定です。また、外部講師による地震災害についての講演も加え、より一層充実した防災訓練にしたいと考えています。

防災指導員の案内
防災倉庫
発電機の取り扱い
防災倉庫内1
防災倉庫内2
発電機1
発電機2
土のう置き場1
土のう置き場2

宝泉寺公園の花壇が色鮮やかになりました

令和2年7月19日(日曜日)に宝泉寺公園愛護会会員(自主防災会役員兼務)による清掃活動を実施しました。当日は、山王中学校への防災避難路現地調査のため、中学校を往復調査した後の清掃作業となりました。ハードな日程にもかかわらず、14人の参加がありました。ご協力ありがとうございました。

公園では8月に入り、ヒマワリ・ニチニチソウ・アサガオ・サルビア・マリーゴールドなどの花が咲き誇っています。赤・青・黄色の色鮮やかな花壇に注目です。

花を寄付された自治会のみなさんに感謝申し上げます。

防災避難路調査隊
清掃作業1
清掃作業2
花壇1
花壇2
花壇3
花壇4

自主防災会が防災訓練を実施しました

令和2年7月28日(火曜日)消防署南分署(大田)にて、自主防災会が危機管理課職員2人の指導による「土のう作り防災訓練」を実施しました。当日は5人の参加がありました。今後、大型台風の上陸も考えられることから、土のうの縛り方・並べ方・積み方などの指導を受けました。

訓練風景1
訓練風景2
訓練風景3
訓練に参加されたみなさん

土のう置き場を設置しました

令和2年7月に防災倉庫がある宝泉寺公園の道路反対側に土のう置き場を自主防災会が設置しました。アルミ製雨戸を再利用した敷板の上に土のう50袋を備蓄しました。災害が発生した場合の緊急用土のうに使用します。また、防災倉庫には土のう用の袋を500袋備蓄しました。宝泉寺公園周辺エリアが自治会の防災資機材備蓄拠点となってきました。

アルミ製雨戸敷板
土のう積み込み
ブルーシート張り
置き場完成

9月に災害時安否確認カードを使用した防災訓練を予定しています

災害発生時に地域で助けを必要としている方を速やかに見つけ、救出するために自治会では災害時安否確認カードを使用する態勢を整えていきます。7月中に安否確認カードを自治会全戸に配布していきます。震度5弱以上の地震時には掲示するようお願いするものです。

安否確認カードが災害発生時に有効に機能するように9月には防災訓練を予定しています。指定時間に各戸が玄関外側のドア等の見やすい位置に安否確認カードを掲示していただきます。詳細は後日回覧いたします。自治会のみなさんのご協力をお願いいたします。(災害時安否確認カードは、自治会で独自に準備したものです)

無事です
ドアノブ事例1
救助求む
ドアノブ事例2

宝泉寺公園の花壇が広がりました

令和2年3月20日(春分の日)宝泉寺公園愛護会の活動により公園内の花壇が拡張されました。パンジー・ビオラが植栽されて公園の景観が大きく変化して色鮮やかになりました。4月に入りサクラが満開となり、花見のイベントを開催したいと思うほどです。4月26日(日曜日)には子どもたちがマリーゴールドの植栽を手伝ってくれましたのでさらに充実した花壇となりました。自治会のみなさん一度見に来てください。

花壇整備作業
客土・植栽作業
愛護会のみなさん
花壇整備中
サクラ満開
子ども応援隊

防災資機材等の整備が始まりました

峰岸下自治会では令和2年度より5年計画で防災資機材等の整備を進めています。小山地区や足立岡地区の2つの丘陵地帯を擁する自治会区域内では台風による風被害が昨年発生しました。今年度は予想される風被害対策用としてブルーシート100枚を4月15日に防災倉庫に備蓄しました。

5月12日には、昨年度建設した防災倉庫にソーラー照明(屋内・屋外)を整備し災害発生時に昼夜活動できるようになりました。また、5月28日には災害発生時の救急用として50人用救急セットも備蓄しました。今後も順次整備していきます。

ブルーシート
規格
ソーラー部
屋外照明
    
救急セット1
救急セット2

自治会と事業所が災害時資機材の貸出しで合意しました

令和2年2月28日(金曜日)市登録防災協力事業所の株式会社丹野設備工業所にて、自治会と事業所代表の丹野猛会長とが災害時に資機材の貸出しに関する合意書を交わしました。

合意内容は、下記の2項目の資機材3機種合計6点の貸出しです。

  1. 発電機4台と0.8トン貯水タンク1基。停電時に4箇所の災害時協力井戸から生活用水を確保し、貯水タンクで各戸に給水します。
  2. 投光器(照明4灯付発電機兼用45キロワット自走式)1台。停電時に緊急一時避難場所の夜間照明となります。

合意により自治会の防災対策の骨格となる資機材が確保されます。株式会社丹野設備工業所丹野猛会長に感謝いたします。

また、有限会社秋山自動車秋山順造社長からは、災害時の人命救助用に自動車用ジャッキ工具20セットの寄付がありました。ありがとうございます。新設防災倉庫に備蓄資機材として格納しました。

以上の2事業所のご協力により、自治会の防災対策が大幅に強化されます。また、防災資機材整備予算の軽減に繋がることとなります。

株式会社丹野設備工業所
合意書締結
0.8トン貯水タンク
発電機兼用投光器
発電機
有限会社秋山自動車
寄付していただいた自動車用ジャッキ工具20セット

峰岸下地区に公共下水道が整備されます

令和になり、ようやく峰岸下地区に公共下水道が整備されることとなりました。令和元年度に第7工区256m・第8工区431mの合計687mが施工されます。第7工区(バス停片町から峰岸団地入口交差点)は最大深度10mのため道路を掘り進める開削工法ではなく、地中で推進管を布設する特殊工事です。マンホールの5基が地上からの工事とのことです。バス路線のために夜間工事で施工しています。第8工区(峰岸団地入口交差点から峰岸集会所)は開削工法で施工しています。市下水道整備課によると、今後最終地点の東海大学りんどう寮まで約7年間で峰岸下地区を整備していく予定とのことです。

中間立坑から駅方向
第7工区図面
中間立坑から日向方向
中間立坑工事1
中間立坑工事2
中間立坑工事3
峰岸団地入口から団地方向
峰岸集会所から峰岸団地入口方向

防災資機材倉庫が完成

令和2年1月26日(土曜日)峰岸集会所にて第3回自主防災会検討会議が開催されました。今回は令和元年度予算で防災資機材倉庫が12月10日(火曜日)に完成したことから、令和2年度予算で購入する防災資機材の検討をしました。メンバーは一級建築士・測量士・土木技術者・機械技術者・医療関係者・看護師・教員・行政職員・前民生委員児童委員等13人です。3月の自治会総会には市の危機管理課とも協議を重ねて、令和2年度予算案を提案していきます。防災資機材は単年度で整備できないため、自治会の皆さんのご意見を取り入れ、予算の範囲内で順次整備していく予定です。今後自主防災会では災害時の避難経路や地域の危険箇所などを書き込んだ地域防災マップを作成していく予定です。防災対策を推進していくために自治会の皆さんのご協力をお願いいたします。

  

  

  

峰岸ふれあい公園で「どんど焼き」をしました

令和2年1月12日(日曜日)峰岸ふれあい公園の広場で峰岸下・上自治会主催のどんど焼きを開催しました。正月飾りなどを焚き上げ、その火で焼いた「だんご」を食べることで一年の無病息災を願うどんど焼き。当日は甘酒や豚汁が振る舞われました。また、子どもたちにはだんごづくり教室で作った「だんご」やお菓子などが用意されました。大勢の子どもたちが来てくれました。参加者は全体で約270人でした。

  

  

だんごづくり教室

令和2年1月11日(土曜日)峰岸集会所にて峰岸下・上自治会主催のだんごづくり教室を開催しました。子ども9人・大人17人の合計26人が参加し、だんご粉をこねて、ちぎって、丸めて、蒸して、赤・白・緑の3色のだんごが出来上がりました。翌日のどんど焼きで配るだんごをたくさん用意することができました。

  

  

子ども会クリスマス会

令和元年12月7日(土曜日)峰岸集会所にて峰岸下・上合同のクリスマス会を開催しました。子ども23人・大人12人の合計35人が参加しました。紙粘土でつくるランタン作りは、それぞれ可愛らしい作品がたくさんできました。その後、楽しいゲーム、昼食タイムとデザートのケーキを食べ、最後はビンゴ大会をしました。大変楽しく盛り上がりました。

  

  

血管年齢測定と出前講座が開催されました

令和元年11月25日(月曜日)午前10時から峰岸集会所にて峰岸下・上自治会を対象に開催されました。参加者27人でした。始めに市健康づくり課による血管年齢測定があり、その後県平塚保健福祉事務所秦野センター吉橋ひと美講師の講座がありました。かかりつけ医と未病改善などについての講座でした。健康測定と講座をセットとした取り組みは市として初めてとのことでした。

  

自主防災会研修会を開催しました

令和元年11月23日(土曜日)自主防災会の7人が参加して防災研修会を開催しました。午前中は高部屋地区石倉上自治会防災訓練に参加し、午後は大田地区西沼目自治会の防災倉庫(元年10月完成)を見学しました。

1箇所目の石倉上防災訓練では集会所を会場とした消火器による初期消火訓練と給食・給水訓練に参加させていただきました。備蓄食料のアルファ米をカレーライスにして食べました。当日は小雨が降る寒い日でしたが非常食カレーで心身ともに温かくなりました。石倉上杉本自治会長はじめ自治会の皆さんにお世話になりました。

2箇所目の西沼目自治会防災倉庫では、石井自治会長から20点の防災資機材の説明を受けました。とくにカセットコンロ使用のインバーターガスエンジン発電機は携帯電話・スマホ等の充電にも使用可能で購入を検討する意見が多く出ました。西沼目石井自治会長の丁寧な対応に感謝いたします。

  

  

子ども会いもほり体験会

令和元年11月17日(日曜日)川上地区にある農園で第6回収穫体験会を開催しました。子ども11人・大人9人の計20人が参加しました。サトイモ掘りから始めてラッカセイ掘りと最後はサツマイモ掘りの三種類の作物を収穫体験しました。

特にサトイモは雨が多く降って大きく成長したことから、親子で協力して掘りあげました。実りの秋を体験した1日となりました。

  

  

宝泉寺公園愛護会が発足しました

峰岸下自治会で初めての公園愛護会が令和元年9月26日(木曜日)付けで市長と合意書を交わし発足しました。10人の会員が10月20日(日曜日)清掃活動を開始しました。11月29日にはパンジー・ビオラやザルギクを植栽し、花壇が整備できました。今後も花壇を広げていく予定です。近隣の皆さんにも愛護会活動にご協力をお願いいたします。

  

  

秋晴れの大山で高齢者の集いを開催しました

令和元年9月7日(土曜日)秋晴れのなか老人福祉センター阿夫利荘で峰岸下・上自治会主催の第23回高齢者の集いを開催しました。参加者は63人でした。始めに全員参加で写真撮影の後、カラオケと踊りを交互に行いました。最後は炭坑節や伊勢原音頭を全員参加の踊りで大いに盛り上がりました。美味しい弁当を食べて和気あいあいと楽しい一日を過ごしました。皆さん次回の参加をお待ちしております。

  

  

クルリンも参加の峰岸下自治会納涼祭

令和元年8月3日(土曜日)午後4時から、宝泉寺境内にて第34回峰岸下自治会納涼祭が開催されました。

組長はじめ子ども会や実行委員のみなさんの協力により、模擬店7店が出店しました。

当日の午前中にみんなで組み立てた鉄骨製ステージは、飾り花で彩られ盆踊りやカラオケ・ビンゴゲーム・抽選会が行われ、大いに盛り上がりました。

クルリンも登場し、祭り会場を一周すると握手や写真に子どもたちが群がりました。また来年もクルリンは来てくれるのかな?

当日の参加者は、約450名でした。

納涼祭1  納涼祭2

納涼祭3  納涼祭4

納涼祭5  納涼祭6

子ども折り紙教室

令和元年7月27日(土曜日)午前10時から、峰岸集会所にて日本折紙協会講師の山﨑雅翔さん指導による子ども会主催の折り紙教室が行われました。

子ども18名と母親9名の参加があり、楽しく5種類の折り紙を完成させることができました。

折り紙1  折り紙2

折り紙3  折り紙4

折り紙5  折り紙6

チャレンジデーはみんなでラジオ体操

令和元年5月29日(水曜日)午前9時峰岸ふれあい公園にて今年も峰岸下・峰岸上の2自治会合同でラジオ体操をしました。

ラジオ体操第一と東北弁ラジオ体操第一に61名が参加しました。

チャレンジデー1  チャレンジデー2

チャレンジデー3  チャレンジデー4

峰岸下自治会役員名簿

峰岸下自治会役員名簿
役職 名前

会長

前場 秀雄
副会長
(兼衛生委員)
井上 誼
会計 伊藤 春信

お問い合わせ

市民生活部 市民協働課市民協働係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4714
FAX:0463-97-4321
このページの
先頭へ戻る