いせはら防犯マップ

公開日 2014年12月05日

更新日 2019年10月09日

市では、本市域内で発生している犯罪、事件の状況などをお知らせすることにより、被害の拡大や犯罪の発生を未然に防ぎ、安全で安心なまちづくりをさらに進めることを目的として、「いせはら防犯マップ」の掲載を行っています。

「いせはら防犯マップ」は、市内を7地区(大山・高部屋・比々多・伊勢原北・伊勢原南・成瀬・大田)に分けて、それぞれの地区で発生した犯罪の種類と件数、状況などを掲載していますので、地域やご家庭での防犯対策にご活用ください。

なお、本市内の刑法犯罪発生状況は、平成13年度をピークに減少傾向にあります。

掲載内容

  • 市内7地区毎の発生犯罪種類、件数
  • 発生日時、地域、状況
  • 犯罪防止策、注意点など

現在の掲載情報は、令和元年9月21日(土曜日)~令和元年9月30日(月曜日)の状況です。

地区ごとの詳細な情報は、地図上の各地区をクリックしてください。

いせはら防犯マップ

大山地区 高部屋地区 比々多地区 伊勢原南地区 大田地区 伊勢原北地区 成瀬地区振りコマないで!イラスト

振り込め詐欺情報

伊勢原市内の振り込め詐欺被害内容
No. 被害年月 被害状況
18 令和元年9月中 国民健康保険を担当する男から、「国民健康保険の還付金がある。振り込みたいので、使っている銀行を教えて欲しい。」と電話があった。その後、信用金庫の職員を名乗る男から、「市役所から還付金があるので、口座番号を教えてください。また、ICチップが付いていないと、キャッシュカードが古いので新しいものに変えます。近くで営業に回っている者がいるので、すぐに取りに行きます。」と電話があり、自宅に取りに来た男にキャッシュカードを手渡し、被害にあったもの。
17 令和元年8月中 知人を名乗る男と、その上司を名乗る男から、「会社のお得意様の荷物を間違ってしまい、その中に現金が入っていた。明日返すから貸して欲しい。」と電話があった。その後、自宅に取りに来た知人の上司を名乗る男に、現金とキャッシュカードを手渡し、被害にあったもの。
16 令和元年8月中 郵便局の職員を名乗る男から、「口座が悪用されている。新しくカードを作り替えたほうがいい。」と電話があり、さらに、警察官を名乗る男から「口座を悪用した犯人を捕まえに行く。」と電話があった。その後、自宅に取りに来た、郵便局の職員を名乗る男にキャッシュカードを手渡し、被害にあったもの。
15 令和元年7月中 警察官や銀行の職員を名乗る男から「口座凍結が必要です。職員を伺わせます。」と電話があった。その後、男がキャッシュカードを取りに来たが、未遂で被害はありませんでした。
14 令和元年7月中 市役所職員を名乗る男から、「保険料の払い戻しがあります。」と電話があり、その後、銀行の職員を名乗る男から、「古いカードだと振り込めません。キャッシュカードを新しいカードに作り替えましょう。」と言われ、取りに来た銀行職員を名乗る男に、キャッシュカードを手渡し被害にあったもの。
13 令和元年6月中 市役所職員を名乗る男から、「年金の返還があります。近くに職員がいますので、今から向かわせます。」と電話があった。その後、自宅にキャッシュカードを取りに来た男に、キャッシュカードを手渡し被害にあったもの。
12 令和元年6月中 息子を名乗る男から、複数回電話があり、「投資で600万円貰えることになったが、税金をの滞納している口座に振り込まれない。」「税金の滞納手続きに100万円が必要だから、貸してくれないか」と言われ、自宅に取りに来た、弁護士を名乗る男に現金を手渡し、被害にあったもの。
11 令和元年6月中 市役所の職員を名乗る男から、「保険料の戻りがあります。」との電話があり、翌日、銀行の職員を名乗る男から、電話があり、指定されたATMで、説明されたとおりに操作したところ、被害にあったもの。
10 令和元年6月中 自宅郵便ポストに、「訴訟最終告知のお知らせ」という葉書が届き、心当たりがないため、葉書に書かれていた番号に電話を掛けたところ、裁判所の職員を名乗る男、弁護士を名乗る男、会社員を名乗る男から、「裁判所に現金を預けなければいけない。」と言われ、紙袋に現金を入れて郵送し、被害にあったもの。
9 令和元年6月中 市役所の職員を名乗る男から、「保険の還付金の手続きが出来ていない。銀行から振り込むので、取り引きのある口座を教えてください。」との電話があり教えてしまった。その後、信用金庫職員を名乗る男から、「キャッシュカードにICチップが付いていないと手続きが出来ません。今から古いキャッシュカードを取りに行きます。」との電話があり、取りに来た男にキャッシュカードを渡し、被害にあったもの。
8 平成31年4月中 市役所の職員を名乗る男から、還付金手続き連絡の電話があった。その後、農協の職員を名乗る男から、「キャッシュカードが古いので新しいカードに変えないと、還付金を入金できない。近くに部下がいるので向かわせます。」との電話があり、自宅に取りに来た男に、キャッシュカードを手渡し、被害にあったもの。
7 平成31年3月中 市役所の職員を名乗る男から、「還付金の受取り期限が過ぎています。」との電話があった。その後、銀行の職員を名乗る男から、「キャッシュカードにマイナンバーの情報が入ってないので、還付金が振り込めない。カードを作り直すので暗証番号を教えて下さい。」と言われ、自宅に取りに来た男に、キャッシュカードを手渡し、被害にあったもの。
6 平成31年3月中 市役所職員ゃ銀行職員を名乗る男から、「保険金で払いすぎた分の払い戻しがありますので、振込口座を教えてください。」「今年いっぱいで、ICチップ付きのキャッシュカード以外は使えません。新しいカードと交換します。」との電話があり、自宅に取りに来た男に、キャッシュカードを手渡し、被害にあったもの。
5 平成31年3月中 金融機関を名乗る男から、「今お持ちのキャッシュカードが使えなくなるので、新しいキャッシュカードを発行します。」と電話があり、自宅に取りに来た男にキャッシュカードを手渡し、被害にあったもの。
4 平成31年3月中 市役所職員を名乗る男から、「国民健康保険税を多く払っているので、返金したいと思いますが、まだ手続きができません。ICチップ付きの新しいカードと交換します。」と言われ、自宅にカードを受け取りに来た、信用金庫職員を名乗る男に、キャッシュカードを手渡し、被害にあったもの。
3 平成31年2月中 デパートの店員を名乗る男から、「10万円の時計を買っている30歳くらいの女性がいます。あなたのカードで決済しようとしていますが、本人確認のため連絡しました。」と電話があった。カードが手元にあることを伝えたところ、「これ以上被害があるといけないのでカードを止めます。新しいカードに変えたほうがよいので、新しいカードを書留で送ります。今近くに行ってる者がいるので、カードを取りにいかせます。」と言われ、カードを受け取りに来た男に、カード3枚を渡し、被害にあったもの。
2 平成31年2月中 息子を名乗る男から、「ビットコインに手を出して、会社の金を300万円使い込んだ。会社にばれて、お金を返さないと大変なことになる。」と電話があり、指定された場所で、バイク便の男に現金を渡し、被害にあったもの。
1 平成31年1月中 自宅に届いたはがきに記載された、電話番号に連絡したところ、「裁判を取り下げる期日が迫っている。」と言われ、紹介された弁護士と、債券回収会社に連絡すると、「示談金として300万円払え、用意ができたら宅急便で送って欲しい。」などと言われ、現金を発送し被害にあったもの。

サギ撲滅の2本柱

こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!

「急にお金が必要!用意して!」

「キャッシュカードを預かります。」

「ATMで医療費を還付します。」

留守番電話設定のお願い!

「犯人は留守番電話を嫌います。」

「常に留守番電話設定を!」

「留守番電話が作動する前に取らないで!」

「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

関連ワード

お問い合わせ

市民生活部 市民協働課交通防犯対策係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4715
FAX:0463-95-7615
このページの
先頭へ戻る